男児の包茎治療をするための時期

まず、息子を持った母親は包茎の意味を調べることから始まり、包茎治療は必要なのかどうかいろいろな媒体を使って調べます。

兵庫県神戸市内の小児科では包茎治療には医者によって様々な意見があり、どの医者の説明に納得し、判断するかは母親によって違ってきます。

当事者はあくまで息子本人であり、息子が成長したときに母親の考えが正しかったかどうか判明するのです。

ただ、あまりにも放置しているとやはり問題が起きてしまいます。
皮の中にばい菌が入り排尿痛を伴ってきます。

兵庫県神戸市内の小児科に行くと簡単に剥がせる場合は処置してもらえますが、包茎が疑われる場合泌尿器科に行かなくてはいけません。

そして、兵庫県神戸市内の泌尿器科のある総合病院を紹介してもらえます。

幼児の場合は完全な包茎になる前に処置ができますが、処置後の壮絶な痛みに母親は付き合うことになります。

無理に皮を剥がすので3日から4日ほどは出血が続きます。

しかも、血液によって再びくっついてしまう事を防ぐために定期的に剥がして軟膏を塗り続けなくてはいけません。

これは痛がる子供に心を鬼にして処置しなければいけないので、母子ともに覚悟がいります。

ですが、1週間もすれば排尿通も無くなりケロっと治ってしまいます。

このことから、包茎を疑われる男児の場合、治療の時期は、包茎治療の必要性をある程度理解できる年齢でかつ、痛みの記憶を忘れてしまえる年齢であることがベストであるといえます。



Sub

まず、息子を持った母親は包茎の意味を調べることから始まり、包茎治療は必要なのかどうかいろいろな媒体を使って調べます。 兵庫県神戸市内の小児科では包茎治療には医者によって様々な意見があり、どの医者の説明・・・

BLOG

新着情報